FC2ブログ

クロネコと空を見上げて・・・。

私SGIとスマートロードスター「クロネコ」とのオープンエアな日々を綴ります。

トリアッティからタクシーでサマラへ。

サマラから飛行機でモスクワへ。

モスクワから更に飛行機で・・・


ロシアの最北端の町
『ムルマンスク』へとやってきました。


いやぁ、ここ、
北極圏ですよ(爆)

日本で言うと、
北海道の稚内って感じでしょうか(笑)

街並みは
最果てっぽいものを想像していましたが、


思ったよりも洗練されていて。


トロリーバスキレイでカッコいい♪

もしかして、
トリアッティってド田舎なのか・・・(苦笑)?


トリアッティとは違って、
ココは結構坂道があります。

路面が凍っているので、
滑りやすくて、大変(汗)



「ムルマンスク駅」
やってきました。

私SGI、不覚にも何の下調べもしてなかったのですが、
メンバーの方が教えてくれました。

『ここ、世界最北端の駅だってさ』

なんですとっ!?

なんという幸運っ!


駅の改札口扉の上には
ムルマンスクの市章が飾られてました。


しばらく駅構内を見学していると
長編成の列車が入線してきました。


ムルマンスク発モスクワ行きの
長距離列車



これが、ムルマンスク駅の
発車時刻表

赤い時刻が発車時間で、
その右隣が終点までの所要時間

軒並み1日以上(!)

中には丸二日とか(汗)

ロシアの広大さを感じる瞬間。


午後6時40分、
モスクワ行きの長距離列車は
ムルマンスク駅を旅立っていきました。


ムルマンスク駅の構内は
旅客ホームだけではなく、
広大な貨物ヤードが広がっています。


ムルマンスクには
ロシアでも重要な「不凍港」があり、
海軍の基地もあります。



ところで。


なぜ、ムルマンスクにやってきたか?


実はですね・・・


オーロラを観たいから、なんです☆

せっかくロシアまで来たんだし、
北極圏まで行ってオーロラ観ちゃおうっ!ていうのが
今回の旅の発端でした。

・・・しかし、

この日は、


トリアッティよりも
むしろ暖かくて(爆)。



しかも空も曇ってしまい
何も見えませんでした・・・残念

ホテルのお姉さんに聞いたところ、
冬のしかも寒い日に運がよければ観れるカモ
・・・というものなんだそうです。

ちなみに今日は?

「もう春ですよ^^」

orz


寒い寒い言いますけど
実は最近は結構暖かくなってきてました


会社の食堂でも
春の訪れを祝う飾りがあったりして
もう冬は終わったんだと。


道路のアイスバーンも
徐々に融けて
路面が見えるようになりました。

ちなみに昨日は-7℃

・・・でもね。

今朝は・・・


-29℃(!)

なんたる寒暖差。

ロシア版「三寒四温」


・・・ぱねぇロシア。

ただいま~。

無事に
ムルマンスク&サンクトペテルブルクの旅から
帰ってまいりました~。

いやぁ・・・



内容、濃すぎ(爆)



ムルマンスクでは・・・、


「世界最北端のムルマンスク駅」とか♪

そして、
サンクトペテルブルクでは・・・、


「血の上の救世主教会」とか☆

もっとたくさん紹介したいのですが、
詳細のレポートは
ちょっと後になるカモ・・・(汗)

なぜなら、

今週は

明日(日曜)から仕事だからっ☆



それはさておき、

ロシアのいろんな街が見れて
と~っても楽しかったですっ!

先日、ロシア列車の旅を敢行したばかりですが、
実は明日からも、旅に出てきますの。

今度はメンバーの方が企画してくださった、
チームみんなで行ってくる旅、

『ムルマンスク&サンクトペテルブルクの旅』です☆

さて、
サンクトペテルブルクはモスクワについで有名な街ですから
あまり説明は要らないと思うのですが、

「ムルマンスク」

さて、どこでしょう?


ココ(爆)

このまま北極まで行ってやろーか(笑)。



では、再び行ってきます

さて、ロシア鉄道の旅を満喫した私SGIは、
5時間(笑)というモスクワ滞在の間に
とある場所へ行くことにしていました。


モスクワ「カザンスキー駅」から地下鉄を乗り継いで・・・

駅から約500mほど歩いた所。


『ベルニサージュ』

ここはロシアのおみやげ屋さんが集まった、
いわば「おみやげ市場」のような所です。


入り口で10ルーブル(約25円)払って入場。


中に入るとたくさんのおみやげ屋さんが♪


マトリョーシカをはじめ
いろんなロシア土産がいっぱい☆


チェブラーシカ

あら、かわいい♪


奥の方まで行くと、
マトリョーシカだけでなく
カメラ双眼鏡など
マニアックなものも扱っていました。


これは・・・本物?

・・・おそロシア。


これも・・・本物?

ちょっと怖い(汗)


ここにはおみやげ屋さんの他にも
ロシア料理が食べられるスポットもあり、
一日いても十分に楽しめると思いました。


あ~っ!これカワイイッ!

・・・でも、高すぎて・・・断念


でもですね、
ここではほとんどのお店で値切り交渉が可能

しかも、日本語で話しかけてくる(笑)


メンバーの方におつかいを頼まれていたので
マトリョーシカを物色していたのですが・・・

「コレ、ゼンブデ 4000ルーブル ネ」

え~高いよ・・・(ボソッ)

「ヨシワカタッ!3500ルーブル、OK?」

まじで(笑)


そんなやり取りを重ねて、

結果的に2700ルーブルまで安くなりました(笑)♪


ありがとう、兄ちゃん!



だがしかし、
その数分後、
他のお店で更に安いマトリョーシカを見つけてしまった・・・。


兄ちゃん・・・orz



それはさておき(苦笑)、
ロシアのおみやげを物色することと、
値切り交渉を楽しむ(笑)のなら、
この『ベルニサージュ』、オススメです☆

・・・というワケで、
行って参りました!

ロシア、夜行列車の旅☆

しかし、
旅のしょっぱなから、ヤバかった(汗)。

タクシーが遅れに遅れて、


発車5分前に駅に到着(!)

ギリギリセーフッ(汗)!

ドアの前で乗務員さんにチケットを見せて
いよいよ乗車です!


車内はこんな感じ。

まぁ、日本のブルートレイン
そんなに変わらないです。


2段式の寝台。
上段の寝台はちょっと高めに備え付けられていますね

下段の椅子の座面を開けると荷物入れになっています。
これは防犯上、便利。


日本のブルトレと違って、
通路側の方にも2段の寝台が設けられています。


各車両にボイラーが付いているのでしょうか、
車内は思いのほか、暖かく、
車両には給湯設備があり
皆さん、ロシアンティーを嗜(たしな)んでおりました。

そして
いよいよ出発っ☆


トリアッティ市内には
結構工業地帯があるようで、
工場の引込み線がたくさんありました。


駅に停車すると
たくさんの人が乗ってきて、
車内はほぼ満員状態に。

ここが日本と違うところだなぁ、と。

絶滅危惧種の「ブルトレ」と違い、
ここロシアでは
まだ夜行列車が長距離移動の主役になっているのですね。

古きよき「往年のブルトレ」の雰囲気に近い気がします。


途中、機関車を交換するため
長時間の停車。

みんな外に出て
ビールを飲んだり、煙草を吸ったりしています。

この時、私SGI_t
ウズベキスタンの2人組に声を掛けられ、談笑してました♪

列車は再び出発。

では
そろそろ横になるとしましょう。

ちなみに私SGI_tの席は、上段

前述しましたように、
上段のベッドは、やや上に備え付けられています。

登るのが、大変(汗)。


まず、
①:手すりに足を乗せる部分があるので、
  そこに足を乗せます。

②:一番上の荷物棚の棒に手をかけます。

・・・で、
一気に潜り込む、と。

かなりの確立で
頭がガンッってなります(苦笑)。



狭っ!

膝を立てるとすぐに荷物棚の板に当たってしまいます・・・。

まぁ、それでも横になって眠れるのは、とても快適っ☆

あっという間に夢の世界へと~♪



で、翌朝


雪原ばかり走っていた風景とは違って、
モスクワに近づくにつれて
近代的な都市へと風景を変えていきました。


そして
モスクワ駅に到着っ!

19時間の長旅ですが、
あっという間でした♪



このモスクワの「カザンスキー駅」では
いろんな街からモスクワ目指して
たくさんの夜行列車がやってきます。

これも
往年の「上野駅」みたいだ・・・。
(って見たことありませんが(汗))


これが
「カザンスキー駅」です。

立派ですねぇ~。

そしてたった5時間(笑)のモスクワ滞在の後、
再びこの駅からトリアッティへと戻ってまいりました。

帰りもあっという間☆

ロシアの夜行列車は
ゆりかごのように優しい感じがしました♪

そして、印象的なのは・・・


延々と走り続ける、雪原の風景と、
その合間に所々現れる集落

なんとも壮大で、
なんとも長閑(のどか)。


ロシアのスケールの大きさを
存分に感じる事ができました♪



無事にモスクワから帰ってきましたよ~♪

いやぁ、楽しかったっ!

また後で
詳しく記事にしますからね~。

乞うご期待☆