クロネコと空を見上げて・・・。

私SGIとスマートロードスター「クロネコ」とのオープンエアな日々を綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いやぁ、最近忙しくって
ブログの更新も儘(まま)ならない日々が続いとります・・・。

・・・で、
さらにちょいと用事がございまして
明日(あ、もう今日だ)から5日間ほど、故郷へ帰ることに。

なので
ブログの更新は10/2以降になります。

ご了承くださいませ。



m(_ _)m スミマセンネ・・・

スポンサーサイト
すいません。

もう一つ、燃費報告し忘れてました。

北海道の旅を終えて、
8月29日にも給油してました。

507.6キロ走って、27.75リットルの補給。
リッター18.29キロです。


浜松から湘南まで戻ってくる200キロが含まれてますから
そこそこ良い数字が出てますが、
徐々に普段の数字に戻っているなぁ・・・と感じた次第。

そして。

さらに10日前にも給油してました(汗)。

428.7キロ走って、26.05リットルの補給。
リッター16.46キロです。


ほら、戻った(苦笑)☆

・・・・・。

ちょっと寂しい気もします(苦笑)。

そういえば。


旅から戻ってきたら
ガソリン価格、結構下がってますね☆

今まで何度か「台風直撃」というものを喰らいましたが、
正直申し上げると・・・

『あんまり大した事なかったなぁ・・・』

と、思うことがほとんどで。

今回もお昼過ぎから猛烈な雨風で
3時あたりがピークだったように思います。

会社からは早めに帰るように指示がありましたが、
「とはいっても仕事が終わんないよ~(泣)」
・・・なんてやってる内に夜になり(苦笑)、
外に出ると雨はもう止んでいました。

いつものように
何も無かったかのように
クロネコに乗って帰ります。

今回も大した事・・・

・・・と思ったら。


トラック倒れてますやん(爆)。

驚いた。

台風の威力、侮りがたし。

皆さんも
台風の時には
くれぐれも気をつけてねっ☆


ご無沙汰しております。

いやぁ、忙しいの、なんのって。

まぁ、詳しくは
後日あらためて書く・・・かもしれませんが、
私SGI、
ここしばらくは
こんな場所に出没するようになりました。


隣町の駅前中心部。


エステ?

いやいや(笑)。

もう私ごとき、イケメンにはなれなくてよ(泣)。


いやぁ・・・。

まさかこんな所に通うことになるとは。



しかも





自腹です(爆)。

今夜はお月見


明るすぎて
うさぎさんが写らない・・・っ(苦笑)!

良い事がありますように。

どもども。ご無沙汰しております。

いやぁ、北海道の旅日記を書き終えたことで
完全に燃え尽きておりました(汗)。

すっかり忘れていた燃費報告
まとめてやっちゃいたいと思います。

旅前日の8月7日

229.9キロ走って、13.46リットルの補給。
リッター17.08キロです。


あら。良い数字♪
幸先良さそうですね(笑)。

さて、ここから北海道への旅がスタート!

初日の8月8日

湘南から東北を北上し、
この日の夜、秋田県の湯沢市で給油。

630.5キロ走って、29.90リットルの補給。
リッター21.09キロです。


いきなりリッター20キロ超え☆

道中の半分が一般道路だったにもかかわらず
この数字ですよ~。

いかに東北の道がスムーズかを物語っていますね。

そして、ついに北海道入りした、8月10日

函館から室蘭へ向かう前に給油。

613.6キロ走って、28.00リットルの補給。
リッター21.91キロです。


2回連続でリッター20キロ超えっ☆☆

いいね~。いいよ~♪

その翌日、8月11日

夕方、札幌入りしてから給油しました。

539.4キロ走って、27.23リットルの補給。
リッター19.81キロです。


惜しいっ!!!
3回連続リッター20キロ超え、ならず。

しかし、十分に素晴らしい数字が出ました♪

さらに2日後の8月13日

札幌界隈(かいわい)をウロウロして、
その後三笠市を経て旭川に入ったところで給油です。

436.3キロ走って、26.01リットルの補給。
リッター16.77キロです。


これはね~、ついに使ってしまったんですよ。

『エアコン』

エアコン使った上に
お盆休みに入った為か札幌市内は渋滞が発生していたので
このような平凡な数字に戻ってしまいました。

そして
ついに日本最北端を極めた、8月15日

北の果て、稚内市で給油。

後日、やしちさんが教えてくださいましたが、
日本最北端のガソリンスタンドというのがあって
そこで給油すると交通安全のお守りをもらえるそうな。

今回はそこではない市内南寄りのGSで給油しましたが
知ってたら、そこのGSに行ってたのにな~。
いやはや、準備不足

649.4キロ走って、29.51リットルの補給。
リッター22.01キロです。


再びリッター20キロ超え☆
・・・っていうか、
22キロ台に乗ってきたっ!

いやぁ、良い感じで
北海道を駆け抜けました。

その後、稚内から苫小牧へ、
苫小牧から福井へ一気にワープしたことは
お伝えしたとおりです。


で、8月18日

福井から湘南へ戻るとき、
我々は下道を通って帰りましたね。

実は
それにはワケがあるのです。

『最長航続距離 記録更新に挑戦っ☆』

今まで、燃費の記録に話題が集中していましたが、
いやいや、クロネコって
航続距離もかなりのものなんですヨ。

今まで航続距離を見てみると、
普段は400~500キロ
調子が良いと500キロを超える・・・そんな感じ。
今回の旅の様にリッター20キロペースで走ると600キロを超えます

一回の給油でこれだけ走るって
その辺の大きなクルマよりもすごい事ですよね?

しかし、
まだ700キロの壁を超えたことはなかった。

そこで今回、
限界になったらすぐにGSに駆け込めるように
下道を使って記録更新に挑んだワケです。


福井を出発した時、
燃料計の目盛りは残り3つ

「一目盛り60キロ」が平均的な目安なので
3目盛り、フルに入っていたとして、180キロ
この時点(490キロ)で700キロは厳しいかな・・・と思いながら
おそるおそるクロネコを走らせたのですが・・・、

クロネコ、軽快すぎ(爆)。

あれよあれよと
福井から岐阜名古屋とすいすい通過☆

なんと、


浜松まで来ちゃったっ!


しかも、まだちょっと余力が残ってたり。

748.8キロ走って、31.23リットルの補給。
リッター23.98キロです。


おぉっ!燃費も良い!
今までのクロネコベスト
リッター24.51キロに次ぐ記録が飛び出しました!

いやぁ、クロネコ、頑張ったっ!

ちなみに
北海道の旅全体での燃費は・・・、

3618.0キロ走って、171.88リットルの補給。
リッター21.04キロです。


トータルでもリッター21キロ台という
たいへん嬉しい結果となりました。


ちなみに
19日の給油は静岡県で行いましたから
そこから湘南までは、約200キロ。

つまり、
旅全体では
3618+200=3818キロ(!)

去年の九州ほぼ一周の旅に匹敵するほどの距離を
今年も走ってしまいました・・・(汗)。

何度でも言いましょう。

クロネコ、よく頑張ったっ!
感動したっ!
(↑さすがに、古いか・・・(汗))

ついに北海道から一気に福井へ


実家でまったりとしております~♪

クロネコもしばらくはその脚を休めて・・・。


スイカ、食べまくりました!

デカしっ!美味しっ!!

前回の記事
福井に着いた時点で「北海道の旅、終了☆」宣言をしましたが、
・・・やっぱり湘南に着くまでは旅は終わんない・・・かしら?

「おうちに帰るまでが遠足」

・・・ってよく言いますもんね(笑)。

しょーがない。

帰りますか(爆)。


湘南の自宅までの道のりは
約400キロ

「あ~。じゃあ、(高速代ケチって)下道で2,3時間くらいやね~♪」

何かがおかしい。

北海道に行って
距離の感覚が狂ってしまったようです・・・。



こんなんばっかり、見てたから。

下道で2,3時間て。
北海道でもそんな時間で行ったことないわ(笑)。

そんなツッコミも
当時は思いつくこともなく(涙)、
夜の8時頃に実家を出て
下道で湘南を目指しました。



小田原

空は、もう、明るく(爆)。


それでも、なんとか
湘南の海に戻ってきたど~っ☆


今回のクロネコの足あと。
下道をチマチマと。

それでも無事に帰ってまいりました!
これで、正真正銘、
『2011年夏 壮大な北海道の旅』は無事に終了っ!

フェリーに乗ってすぐ爆睡!
目が覚めると、もうすっかり朝でした☆


フォワードサロンに行ってみると
テレビを見ながら寛げる憩いの場になっています。


ここからは
船の進行方向の眺めが楽しめます。

・・・が、
どこ見ても、海(笑)。

その後、船内でアナウンスがあり
再度こちらにやってきました。


すずらんの兄弟船、
「すいせん」
とのすれ違いです☆

こんな広大な大海原で
2隻の船が出逢う奇跡


これぞまさに「運命の赤い糸」(!)

・・・などと一人で盛り上がるキモイSGIですが(汗)、
もちろん無線でやり取りを交わしている次第です(笑)。


このフェリーは高速船なので、
サイドデッキに出る事はできません。

外の空気を吸いたい場合は
後方のオープンデッキに出ます。


豪華客船、といえば「ジャグジー」みたいな(笑)?

なんと「サウナ」もある!

誰も使ってません、残念(笑)!!!


船内には
フォワードサロンみたいな「ラウンジ」がいたる所にあります。

苫小牧から敦賀まで21時間(!)

本や新聞を読んだり、
隣の人と談笑したり。
みんないろんなスタイルで
この長い航行時間、暇つぶしをしているワケです。


ゲームコーナー卓球台も有り。
この辺は昭和の街の温泉宿ってかんじ(笑)。

ちなみに私SGIは
そんな暇つぶしは不要でして、
ほとんど爆睡してました(苦笑)。

そうそう。
暇つぶしに「ケータイをいじる」というのがありますが、
海上での携帯は・・・・もちろん『圏外』!
ご注意を。


公衆電話コインランドリーまである(!)。


ショップに飾ってある2隻のフェリーの写真を見て、
「これは・・・合成か?」
・・・などと疑ってみる(笑)。

そんなかんじで
ダラダラと過ごしていると、
陽はだんだん傾いてきて・・・、


おっ!福井が見えてきたっ☆

爆睡していたおかげで(笑)
あっという間のフェリーの旅になりそうです。

そして
いよいよ敦賀港に入港。

・・・すると・・・!


目の前に・・・花火っ!


なんとなんと、
ちょうど第62回とうろう流しと大花火大会が始まったのです!

まるで「おかえり~♪」って
お迎えしてくれているみたいだ・・・。


・・・なんという素敵な出来事なんでしょうか・・・。

超・感動☆

フェリー「すずらん」は
定時より10分早い午後8時20分
無事に敦賀港に到着。


いよいよ下船の時。

ゲートが開くと、そこは北海道ではない、
北陸の福井です。

まだ、ちょっと信じられない
私SGIがいます。


クロネコ、福井に降り立つっ!

花火大会もフィナーレを迎え、
花火が夜空にたくさん咲き乱れました。
まるで祝ってくれているかのようです♪

このフィナーレと共に、
『2011年夏 壮大な北海道の旅』
無茶な計画を見事にこなし、無事に終了っ!


今回の軌跡。

北海道の苫小牧から福井の敦賀、
そして私SGIの実家まで。

もう、これ、「ワープ」ですな(笑)。

・・・というワケで、
今回の旅の目的「日本最北端到達☆」を達成し
一気に北海道縦断も成し遂げ、
いよいよフェリーに乗船し、北海道を離れます。


今回乗船するのは
新日本海フェリーの「すずらん」

北海道上陸の際に利用したフェリー「ばあゆ」と比べて、
コチラの船は4,5倍はあるんじゃないでしょうか・・・でっかいっ!!!

ものすごい迫力・存在感です。

この船が時速29.4ノット(約55km/h)で走るんすか、
・・・すごいね・・・。


まず、駐車場に入ると作業員の方がやって来たので、
乗船する旨を伝えます。

すると、作業員さんが、
「・・・ちょっと車高が低いですね、・・・にしましょう」と。



どういうことかよく聞き取れませんでしたが
とりあえず指示された場所にクロネコを停めます。


そして苫小牧東フェリーターミナルビルに入って
手続きをします。


今回も事前にインターネット予約をしてあるので
とってもスムーズにチケットをGetできました♪

チケットを見ていただくとおわかりのように、
このフェリーの行き先は・・・『敦賀(つるが)』(!)

敦賀?

そうっ!
福井県の敦賀です~。

こりゃまた、大移動だ☆

ちなみに運賃、4万円弱。
クルマでフェリーに乗ると、やっぱり高いですね・・・(汗)。


ちょうどお盆のUターンラッシュの時期なので、
乗客はかなり多め。
(なので運賃も年間で一番高い時期なんですよね・・・)


いよいよ乗用車の乗船開始っ!

スロープを上って
フェリーの2階にある乗船口
次々とクルマが飲み込まれていきます。

・・・が、


クロネコとその周辺のクルマだけ
置いてけぼり・・・。


ちょっと焦ってきました。

さっきの作業員さんの言葉は何だったんだろうか・・・?

「・・・にしましょう」

「いっかい・・・にしましょう」

そう聞こえた気が・・・。

『一回出直して来い』ってか(爆)?
乗れないってこと!?

超根暗な私SGIのネガティブシンキング、ここに炸裂。

無駄にテンパります(汗)。

ちょっとオタオタし始めた時、
ようやく作業員さんがクロネコ周辺のクルマを誘導し始めました。


なんと
他のクルマやバイクがどんどん上っていったスロープの横!
大型トレーラーなど貨物車が入る下の乗船口の方に誘導されました。

なるほど。
「車高が低いから一階にしましょう」って言っていたんですね。
(ちなみにクロネコはクルマの全高は低いですけど、
 足回りはノーマルなので、最低地上高は充分にあるんですけどね(苦笑))

しかも、
クロネコは一番最後っ(!)。


大型トレーラーの荷台が
ものすごい音を立てながら整然と並べられる中、
「そのまま前から突っ込んじゃってっ!」という作業員さんの指示に従い
トラックの間に挟まるように(笑)クロネコが収まります。


ちなみに
乗用車用の2・3階のカードックは、こんな感じ。

さすが超混雑期ですね。ギッシリです。


カードックからエレベーターに乗って
客室方面へと向かいますと・・・、


雰囲気はガラリと変わり、
ホテルのロビーのような場所に出てきました~♪


中央の階段はとってもゴージャス☆
(ちょっと昭和の香りがしないでもないですが)

・・・ってことは
お部屋もさぞかし豪華なんだろうな~、なんて言いたいところですが、
そんな経済的余裕はございませんことよ(苦笑)。

乗用車込みのフェリー運賃には
「2等客室」の料金が含まれています。



ここが「2等客室」
いわゆる雑魚寝の大部屋ってやつですね。

「これはちょっとな~・・・」
連日の北海道大移動で
さすがに疲れがたまっている私SGIは、


3000円の追加料金を支払って
「2等寝台」を手配しておいたのでした。


2段ベッドの上段。
まぁ、札幌のカプセルホテル並みですね。


装備も簡素なもの。
でも、それで良いんです!
横になって寝られれば、充分っ☆


なぜか枕が2つもあったので、
奮発して枕2段重ねで(笑)

・・・と、
ベッドメイキングしたり荷物を置いたりしている内に
フェリー「すずらん」は午後11時半に苫小牧を出航


さらば、北海道。

・・・もっと長く居たかったよ・・・。

しかし、
そんな感慨にふけっている間もなく、
疲れていた私SGIは
さっさと大浴場で汗を流し
ベッドに潜り込み、深い眠りにつくのでした・・・Zzz。


今日も夜明け前にホテルを出発。

しかし、今日は今まで以上にドキドキ☆

一路、目的地に向かって
クロネコを走らせます。

すると・・・!


鹿!

もうビックリ!
野生の鹿・・・奈良以外で初めて見た。


「鹿注意」の標識は
伊達ではありませんでした。

そんなビックリ☆ハプニングもありましたが・・・、


ついにこの旅の最大目的地
日本最北端『宗谷岬』に到達しましたっ!

祝!!!


日本の北の端っこですよ?

いやぁ、感無量です~♪


厳密には
海上に見える「弁天島」が日本最北端だそうですが、
そんな小さい事。言いっこなしっ(笑)!


日本最北端のお店たち。
2011年8月15日、
朝の5時に宗谷岬に着いた証拠にもなりました(笑)。

もっと遅く来ていれば食堂にも行けたんだけどな~。

そんな感慨に浸るのもそこそこに
我々クロネコ御一行は
宗谷岬を離れました。

・・・が、


また鹿!!


一度でもすごいのに
二度も遭遇するとは・・・

さすが北海道・・・。


なんとまぁ、凛々しいお姿で。

何が悔しいって
私SGIよりも断然イケメンなところが・・・(泣)。



この後、稚内市内に戻り、
『ノシャップ岬』へ。


学校でも習う「ノサップ岬」じゃないですよ~。
「ノシャップ岬」です。
(実はこの時は「ノサップ」だと思って・・・(滝汗))


その後、稚内駅へ。


日本の鉄路、ここまで。

稚内市の北はサハリン、つまりロシア


なので
道路の案内標識もロシア語併記なんですね~。
いやぁ、オドロイタ。


稚内からちょっと南へ移動すると
そこはもう酪農地帯


道路には
いたるところに牛さんが大勢横断した跡が。

ちなみにこのような状況の道路をそれなりのスピードで駆け抜けると
クルマが牛さんのウン○まみれになります。
これ、実体験者が語る、豆知識☆


宗谷岬で見た「鹿注意」の標識と違って、
こちらはやたらリアルな「牛注意」の標識(笑)。

・・・というワケで、
給油&洗車を済ませ
稚内市内周辺での鉄活動もそこそこに、
今日もクロネコ大移動ですっ!


今日はなんと、
『北海道南北縦断』にチャレンジ☆

一気に南の苫小牧を目指すのだ。

そう。
今夜出航するフェリーに乗るためです。
旅2日目のように
乗り遅れは許されません。


稚内から日本海沿いに伸びる「オロロンライン」を駆け抜けます。

道は真っ直ぐに伸びていくつもの丘を越えていく。
まるでアメリカの道路みたいだ~。

もちろん
道中、いろんな見所がありました。


「サロベツ海岸」。


「オトンルイ風力発電所」☆


「天塩(てしお)川」
日本で4番目に長い川!


たくさんの牛さん。


道はまっすぐで空いていて
とてもスムーズに快適なドライブを楽しめましたが、
天気はあいにくの大荒れ

「もしかして・・・フェリー休航?」という不安が一瞬よぎりましたが
ケータイでチェックしたら、幸い「通常運航」とのこと。ホッ。

オロロンラインを留萌で離脱して、旭川方面へ。
「日本一長い直線道路(29.2km)国道12号線」を駆け抜け、
岩見沢から苫小牧方面へ南下。

そして
フェリー出航、1時間半前


苫小牧東フェリーターミナルに到着っ☆

北海道縦断、完遂っ!!!


本日のクロネコの軌跡。
北海道を縦にバッサリ☆

さて、次回。

いよいよ北海道ともお別れです・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。