クロネコと空を見上げて・・・。

私SGIとスマートロードスター「クロネコ」とのオープンエアな日々を綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
とある日の夜。

ホテルに出た時
周りの風景がなんだか違う感じに見えました。


街灯の明かりが
上に向かって伸びているのがわかりますか?


最初
コンタクトレンズの調子が悪いのかな?と思ったのですが、
他のメンバーに聞いてみると同じように見えているそう。

なんだろ?って思っていたのですが、
近くの車を見て気がつきました。


『ダイヤモンドダスト』ではないか?

車のヘッドライトに照らされて
キラキラ輝いていました☆


お~キレイだ~。



とても神秘的な夜でした~☆

スポンサーサイト
前回の記事で
ちょっとしたドタバタ劇を演じてしまいました
が(苦笑)、
そんなワケで
2日に1回はお風呂に浸かって
ゆっくりとリラックスすることにしています。

こうして体力を消耗しないように
ペースを維持しよう
、という作戦。

そして、今回、
もう一つイベントを設けることにしました。



『毎週日曜日はカレーの日』☆


うふふふ。

今回はたくさん持ち込んできましたよ。


「レトルトカレー」♪

と、

秘密兵器『アルファ米』☆


お湯を注いで15分で
なんと炊きたてのご飯ができあがるっ!

これぞ日本の技術の結晶なりぃ~。

・・・というワケで、


カレーライスの出来上がりですっ!

・・・・・美味し!

実はロシア出張第一弾から日本に帰ってから
やたらカレーライスが食べたくて
結構ココイチとかに通ったんですね(笑)。
(実際、パリでも食べましたし(笑))

なので、今回、
週の初めに「カレーの日」を設けることで
テンションを上げて
長い一週間を乗り越えていますっ!

さてさて、
ちょっとした連想ゲームの末、
なんとか買うことができました、



ロシアの入浴剤☆

さっそく使ってみましょうっ!


お湯を張ってから
入浴剤を入れてみます・・・


あれ?
なんか、気持ち悪い(汗)

思った以上に粘り気のある
ドロドロの液体なんです。


・・・おっかしいなぁ?

こういうもんなのかな?と思いつつ、後日。


特に意識はしていなかったのですが、
今度はお湯を張っている時に
蛇口から出てくるお湯に向かって
入浴剤を流し込んでみました。


・・・で、しばらく部屋に戻って、と。

数分後。

バスルームに様子を見に行くと・・・


うぉあっ!!?


な、なんじゃ、これえぇぇぇぇぇ?????

大量の泡がまさに溢れんばかりに・・・!



後で調べてわかりました。

入浴剤に書かれていた文字。


пена=『泡』

orz

薬局のおばちゃん、
「海の香り」とか頑張って教えてくれたのは嬉しいけど、



重要なところ、そこやない。



結局、私SGI焦りに焦った挙句
あふれた泡は・・・


コチラにお越しいただきました。

先日、記事にしましたが
2日に1度は温かいお風呂にゆっくり浸かること
日課にしています。

しかし、
「バスクリンの枯渇」が問題で。


このまま無くなってしまうのはちょっと、ヤダ。
(´・_・`)

なので
ロシアの入浴剤を探すことにしました。

しかし
スーパーに行って
シャンプーとか売っているコーナーを探してみましたが、
どれがシャンプーでリンスで入浴剤なのか?わからない(泣)

スーパーの人に聞いてみようにも無愛想だし(汗)。

そこで
スーパーの向かいにある薬局に行ってみました。

そこではお店の人が話しかけてくれた(♪)ので
事前に調べた単語を並べて入浴剤が欲しい事を伝えます。



そこからがちょっとした「連想クイズ」で(笑)



2つの商品を持ってきて
何やら鼻を指差します。

息を吸って~吐いて~。

もしかして・・・「香り(smell)」?


Da(Yes)!


次に水と岩塩を持ってきた。

水?塩?

水+塩=塩水⇒海水⇒「海(sea)」?


DaDaDa(Oh,Yes)!


つまり

『海の香り』ということでした(笑)。



そんな感じで
もう一つの商品は『ユーカリの香り』であることがわかり、
私SGIは無事・・・


海の香りのする
ロシアの入浴剤を買うことができましたっ☆




いやぁ、ちょっと苦労しましたが、
とっても楽しめました♪

しっかし、薬局のおばちゃん、
ノリが良かったな~(笑)

ロシア人Pashaさんの手。


一体、何食ってるんすか・・・?

そういえば。

スキーに行った時
こんなもの(↓)が落ちていたんですけど。


こ、これは・・・本物?

日本ならモデルガンだろうと思えますが、
ここは・・・ロシアですから・・・ねぇ。



・・・おそロシア(汗)。


もはや、


お約束(笑)。

今回のロシア出張第二弾では
前回の出張の教訓を活かして

「2日に1回はお風呂に浸かろう」

と、決めております。


前回の出張で話題にしましたが
相変わらず茶色いお湯が出ます・・・。
(茶色いというより、むしろお○っこのような・・・(汗))

しかし、
シャワーだけで過ごすと
前回のように後半に体調を崩しかねないので
やはり体の芯まで温まらないといけないと思った次第。

そこで!


『バスクリン』登場!!!

以前、茶色いお湯をバスクリンだと思えば・・・
発想の転換を試みたことがありますが、

今回は本当にバスクリンを持ってきました(笑)☆

持ってきたバスクリンは「白くなるタイプ」なんですが、
ま、茶色く濁るんだろうなぁ・・・と思ってました。

しかし、


おぉっ!
見事に白く漂白されたっ!


なんとなく臭い匂いも
とても素敵な香りに変わっています♪

実際に浸かってみると・・・まさに温泉っ☆
カラダの芯まで暖まる~♪

いやぁ、
これで「2日に1度の愉しみ」ができました~♪



ただ、心配なのは
すでにほとんど使ってしまったということで・・・(汗)。

今日は朝から
一人でタクシーに乗って
トリアッティ新市街の北側にある『トリアッティ駅』へと行ってきました。




вокзал(ヴォクザル)」と書いて「」。

前回のロシア出張の際に
チャレンジした「ジュグレフスコエ モーレ駅」
と違って、
こちらはと~っても大きな
立派な駅舎が建っています。


・・・が、

人気が、ほとんど、無い?


中に入っても
人はほとんど居りません。


時刻表には
そこそこの本数の列車が載っているんですけどね。


ホームに出てみました。

澄んだ空が気持ちいいんですけど、
やっぱり寒い・・・。
先々週に比べると
ここんところ暖かい日が続いていますが
それでも-15℃くらいですからねぇ・・・。


構内には
いろんな種類の貨物車両が留まっていました。

自動車を運ぶ貨物車両ってのは
日本では馴染みがありませんね~♪


こんなかんじで駅を散策していると
なにやら構内放送が流れました。
すると・・・、


一体どこから湧いて出てきたのか(笑)
大勢の人がホームに出てきました。

実はこの人たち、
お出迎えの為にやってきた人たちなのです。

そして、


長編成の列車が
トリアッティ駅に到着しましたっ!



この列車は
モスクワを前日の16時に出発して
終着駅トリアッティを結ぶ『夜行列車』なのです。


ここを11時着ですから
19時間の長旅ですね~。

あとで時刻表をチェックしてみたのですが
もしかしたら
サンクトペテルブルグ始発の車両も
組み込まれているかもしれません。



大勢の人がごった返し、
タクシーの呼び込みの声も聞かれます。
中には
久しぶりの再会で
喜びの抱擁をする光景も見られました。


そんな光景がしばらく続くと思いきや、
あっという間に居なくなり
また最初のガラ~ンとした光景に戻っちゃいました。


まぁ、確かに、寒いですもんね(苦笑)

しかし、
SGI_t擁する私SGIは
そう簡単には帰らないのデス。

じっくりと列車を観察させていただきましょうっ☆


ロシアの電気機関車
いやぁ、でっかいです。
ダイナミック!


車内は見ることができませんでしたが
ほとんどの車両は寝台車だと思われます。


そして
一両だけ色の違う車両が。

おそらく「一等車」だと思います。


う~ん、乗ってみたいっ!!!


ふと足回りに目をやると
長距離を夜通し走ってきたため
台車に(しかもちょっと斜めに)

いやぁ、「ロシア感」たっぷりです♪


野犬親子も気になるのかな?

ロシア出張の際に
一度は見てみたいと思っていた『ロシアの鉄道』
目的が達成できた事、
そして実際に
列車のダイナミックさとか
大勢のロシア人が旅する様を目の当たりにできて、
私SGI、

眼福でございますっ☆

今日は会社帰りに
ちょっと買い物がしたかったので
トリアッティ市内で一番大きいスーパー
『ParkHouse』へ行こうと思いました。

乗り合いタクシーの「マルシルートカ」には
一人で乗ったこともあって慣れっこでした
ので
通訳のミーシャ
「ここから直接行けるマルシルートカってある?」
と聞いていたところ、
仕事を共にするパーシャさん曰く、

「マルシルートカは迂回するから時間がかかるよ」

『トロリーバス』なら真っ直ぐ行けるよ」


『トロリーバス』

日本でも昔は走っていたようですね。

今では富山の黒部ダムにしかないらしいですが、
トロリーバスとは・・・


電線から電気を取って
モーターで走る電気バスのことです☆


う~ん。
これは乗ってみたいっ!


・・・というワケで、
バス停留所の場所を教えてもらって
トロリーバス一人旅、敢行っ!


ようやくやって来た
「5系統」のトロリーバス。

これに乗ります。


車内はこんな感じ。

走っていると
たまに車内の電気が暗くなったりします。
(ただでさえ相当暗いのに(苦笑))

これはおそらく
架線から瞬間的に離れて
電力の供給が途切れるから
ではないか、と推測。


シートはこんな感じで
と~っても使い古されています。

でも、
このバスは比較的キレイな方じゃないかな?

街中で見たトロリーバスは
汚すぎて外から車内が見えないくらいですから(爆)。


トロリーバスに乗り込むと
『車掌さん』がやってきて切符を買うように言われます。



運賃は15ルーブル(約40円)

マルシルートカより1ルーブル安い♪

このバスの車掌さんは
とっても愛想の良いおばちゃんで、
私SGIが「ParkHouseに行きたい」と伝えると
ありがたい事に
目的地の直前に「次だよ」って教えてくれました♪

спасибо!(ありがとうっ!)


こうして無事に
ParkHouseに到着する事ができました♪



20分ほどのあっという間の旅でしたが、
電気が消えそうになりながら揺られる乗り心地は
なかなか旅の趣(おもむき)があって
とっても楽しかったです☆






○業務連絡。

パーシャへ。

「バス停で待ってりゃ10分もかからずにすぐに来るよ♪」
・・・って言いましたね、あなた。

30分以上待ったんですけど。

なかなか来なかったんですけどっ。

寒くて手とか痺れてきて
「あ・・・死ぬかも」って思ったじゃねーか、このやろー。


スキーに行って遊びまくった日の夜。


更なるアレクシィ君のお誘いで
ロシアの『サウナ』に行ってまいりました。
(・・・ってか、アレクシィ、タフやなぁ・・・(汗))

しかも貸切っ☆


実はなんとココで
アレクシィ君の21歳の誕生日パーティーが催されるのですっ!
(21歳・・・若っ!)


サウナはこんな感じ。

日本でサウナをあまり利用しないので比較しづらいのですが、
日本のものより乾燥して、暑い気がします。


湿度を増やすには
この焼けた石の上に水をかける、と。


そして
ぬるま湯のジャグジーもあり、
サウナに入って、ジャグジーに浸かって・・・の繰り返しで
のんびりと長くサウナが楽しめます~♪


シャワーの横にあった、コレは一体???

ご想像通り、
引っ張ると冷たい水がジャバーッと!
(下手すりゃ、死にまっせ(苦笑))


休憩室みたいなものが2部屋あり。

ロシアのサウナって
葉っぱみたいなものでパシンパシンと叩くらしいですね


しかし、今回はそういうのは無し。
(ちょっと残念なような(苦笑))

後で
あまりのはしゃぎっぷりについていけない日本人が
酔いつぶれて寝転がる部屋になってました(爆)。


下の階には
なんとビリヤードスペースがっ!

もうサウナというより
『別荘』みたいなものなんですね~。

まさに遊んで寛いで
のんびりする空間
なのです。


そこで大いにはしゃぐ
アレクシィ君とその愉快な仲間たち。
(とても写真は載せられない・・・)

まだ21歳なんだもんね~。

まだあどけなさの残るロシアンボーイたち
パンツ一丁ではしゃぎまくり(汗)
それは翌朝の5時(!)まで続いたのでした。。。。。



それでも我々が一足先に帰るときには
とってもションボリした表情で

(´・_・`)「ボクたちの事、嫌いになっちゃったの?」

・・・って聞くんだもん。

かわいいよ(笑)。


・・・というワケで
初のクロスカントリースキーを体験した我々は、
更にもう一周!・・・というのは、無理(笑)

しかし、道中で
気になるものを見てしまいましたね。


『MTB(マウンテンバイク)』

とても興味があったので
今度はMTBでコースを1周してみる事に。

レンタル料は
1時間120ルーブル(約300円)・・・安っ!


MTBは
たくさん並んでいるところから
「好きなの選んでいけ」と。・・・(※)


ところで
ロシアの自転車って、ブレーキが・・・左右逆?

それともココだけのローカルルールなのかしら?
ちょっと試乗したときに焦りました(苦笑)。


よっしゃ!行くで~♪

さっきのクロスカントリースキーと違って、
コチラは使い慣れている自転車ですから
とっても軽快にスイスイと・・・って、あれ?

うまく進まない。

雪面が微妙に柔らかい所があるので
意外とバランスを取るのが難しく、
しかもペダルが・・・重い(汗)。


しかも
MTBの整備が適当なので
やたらチェーンが外れるものもあり・・・。

前述の(※)の部分が
運命の分かれ道だったワケで(苦笑)。

それでも慣れるのは比較的早くて
(そりゃそうだ)
後半は軽快に走ることが出来ました♪

・・・が、
ここで最後の難関。

ちょっと急な上り坂。

さすがにキツいので
立ち漕ぎしようと思ったら・・・タイヤが空回り!

座って体重を掛けながら漕がないと
トラクションがかからないんですね・・・。


これがまた、キツくてキツくて・・・。

ヒィヒィいいながら坂を登り、
やっと登りきりました。


だーっ!
疲れた~っ!!!



結局
地元ロシアの方々にスイスイ抜かれるのは
同じでした・・・。



・・・・・トホホ。


でも、楽しかった~♪



(もちろん、翌日から筋肉痛ですわ(泣))

昨日は出張先で仕事を共にする「アレクシィ君」のお誘いで
トリアッティ市内にある
スキー場に行ってまいりました。


すごい遠いのかと思ったら
ホテルからクルマで5分ほど。
トリアッティの新市街と旧市街の間にある林の中にあります。

写真を見ると・・・分かります?

「坂がない」

そう。
スキーはスキーでも
こちらでは『クロスカントリースキー』が主流なのです。

私SGI、
一応「元雪国出身」ですから
坂を滑るスキーは多少は滑れますが、
クロスカントリーは初めて。

う~ん、ワクワク☆

まずはスキー板をレンタル。

レンタル料は
ショップの方がアレクシィ君のお父さんの御友人ということで
なんとタダ(!)

スパシーバッ(ありがとうっ)


ご覧のように
スキー板の幅はとっても狭く、
なんとなく「板の反り」も強い気がします。



スキー板の固定は
ブーツのつま先部分だけ。

踵(かかと)は自由に動きます。

スキー板には「右・左」があるんですね~。
エッジの研ぎ方が違うのかしら?


さあっ!
いざ、スタートッ!!!


コケた。

これでも昔はそこそこ滑れたんだぞーいって
張り切って挑んだのですが、
踵が浮いて
予想以上に板が不安定になるんですね。

前傾姿勢になると前につんのめる(汗)。

・・・こ、これは
「楽しい♪」なんて言ってられる場合ではないのでは・・・?


ストックをキュンキュン鳴らしながら
(この音がまたカッコいいんですよ)
スピーディーに追い抜いていく地元ロシア人。
その傍らで
慣れない板さばきに四苦八苦しながら
緩やかな坂道を登ったり降りたり・・・。

噴出す汗。

息が上がって白くなる視界。

ヤヴァい。


あと3km

・・・まじか。


ヒィヒィいいながら
もがいている私SGIの横を
お婆さんがスル~っと追い越していく(泣)。

そうなんです。

ここはクロスカントリー専用のコースというワケではないらしく
ジョギングしている人とか普通に散歩している人、
買い物帰り?みたいな人(笑)もたくさんいます。


雪道をなんとMTB(マウンテンバイク)!

そっちの方が楽で楽しいカモ(苦笑)。


浮き輪の上に子供が乗って
下り坂をスィ~っと。


うわぁ、楽しそうだな~♪

その後もギクシャクしながらも
少しずつ距離を稼いで・・・


やっとスタート地点に戻って来ましたっ!


お。
雪の中でもサッカーをやってる人がいる。

ここはトリアッティ市民にとって
「冬のスポーツ公園」みたいなものなんでしょうね。

ここまで来て
ようやくスキー板の扱いにも慣れてきました。

地元ロシア人みたいに
キュンキュン音を鳴らしながら優雅に滑走できるカモ!?


またコケた。

しかも後頭部、強打(痛)。

横で、おっちゃんがニヤニヤしてた(泣)。

ゼィゼィ言いながら
やっと・・・ゴール


走ったコースはこんな感じ。

・・・あかん、キッツイ。


その後
小屋で熱~いロシアンティーをご馳走になりましたが、
もう既にセーターは汗でびしょびしょ

いやぁ、いい運動に・・・いや、
かなり、ハードです(滝汗)☆

滅多に来ることのないロシア出張。

折角ですから
簡単な『ロシア語』をマスターしたいと思っております。

最近では挨拶はもちろん、
スーパーで惣菜を買う時に
「もうちょっと多めに」とか「少しだけ頂戴」みたいな事は
言えるようになりました。

でもですね、

私SGIには「致命的な事」がありまして。

『巻き舌ができない』

テレビとかで
ロシア語を耳にすることはたまに・・・ないですね(苦笑)、
ロシアの言葉って「巻き舌で発音する音」があるのです。

英語の「r」に相当する『p』。

思いっきり、巻き舌。

ロシア語の教本に発音の仕方が書いてありますが・・・


「舌尖を息で震わせ
硬口蓋下端に2~3回ぶつけながら
声を出して発音する」


すなわち
『(巻き舌のル)』

さっぱりわからん☆

なので、
実際の「ハラショー(Goodの意)」は

『ハルゥァァァッショー!』

・・・みたいなかんじですが、
私SGIは「ハラショ~」なのです。

(´・_・`)

ロシア人いわく、
「小さい子供はまだ巻き舌ができないからそんなかんじ」だそうで。



・・・どうせ「お子ちゃま」ですよーだ。



もし巻き舌が出来るようになったら
関西弁の「おんどれゃ、われぇぇぇぃ!?」って、言えるよね?
そうしたら、ちょっとは大人になれるかな(笑)?


チームの他のメンバーは
ホテルでウォッカとか呑んでいるようです。

しかし、私SGIは
「お子ちゃま」ですから(汗)、
お酒とか煙草とか、全然ダメ。

なので、こういうもので
晩酌(笑)しています。


『果物ジュース』

(゚д゚)ダーダーダー

ここのスーパーには
いろんな種類のジュースが売られているので
ソフトドリンク派の私SGIにとって、有難い♪

ただ、
それらには大抵「100%」と書かれているのですが、
フルーツミックスとかになると
天然の果汁以上に・・・甘すぎるような・・・?

一体、何の100%なんでしょうか、ねぇ(汗)

その辺は、ちょっと「おそロシア」



ま、「勇気100%」とかだったら
許します♪

ロシア出張、第二弾。

毎度毎度
寒い寒いという話題ばっかりで申し訳ありません。

だって、寒いんだもん。

・・・というワケで、
こんな実験をやってみました。

『濡れタオルをグルグル回したら、どうなるか?』


部屋から持ってきた濡れタオルを
ホテルのエントランスを出た所で
ぐ~るぐる回すっ!

傍(はた)から見たら
アジア人、何やってんの?状態(笑)


我々の予想では瞬時にカチカチに凍ると思ったんですが、
なかなか固まらない。

な~んだ。

・・・と思ったら。


おぉっ!!!

固まったっ!!!

一同、大歓喜っ♪

いやぁ、なかなか面白いですね~。



しかし、
その後、すぐにホテルに逃げ帰ったのは
言うまでもありません(笑)。


昨日の天気予報。


-31℃(!)。

やべ~。

きたよ~。

《(;´Д`)》ブルブル

トリアッティの南を流れる
ボルガ川にやってきました。


完全に凍ってます。
(ちなみに前回の滞在時のボルガ川はこんな感じ


足元には大きなヒビが。

耳を澄ますと
「パキュン、パキュン」という音を発していて
いきなり割れないかと、ちょっと、怖い。

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


向こう側では
パラセイリングを楽しむ姿が見えますね。

こりゃ、トリアッティならではの冬のスポーツですな♪


そして、なんと!
川の上をクルマが(!)


それもそのはず。
このボルガ川を覆っている氷は
厚さ数メートルにもなるんだそうです。


ちなみに
本日の気温は-28℃(!)。

そりゃ、凍るわ。



・・・というワケで
前回の記事の最後に書いた「ある作戦」とは・・・

『ボルガ川を徒歩で渡ろう作戦☆』


トリアッティの東側にはダムがありまして、
そのせいでこの辺の川幅は・・・12km(!)

隊長!・・・向こう岸が・・・見えませんっ!


氷の上には
一応「道」らしいものがあって、
所々『目印』が作られています。

今みたいに快晴の昼間ならともかく、
雪嵐とかで視界ゼロになったら
目印が無いとマジヤバイでしょうね・・・。



歩けど歩けど向こう岸は見えず。


もう2kmほど、歩いたかなぁ・・・。

しかし、ここで
同行したメンバーの一人に異変が。



『指の感覚が・・・無い』



先述しましたように
只今の気温、-28℃

もちろん防寒対策は施したつもりですが
想像以上の寒さでした・・・。
もちろん手袋をしていましたが
常に動いている足を違って
動かしていない指はどんどん冷えていったのです


教訓。

『手袋をしていても
 ポケットに入れるなどして外気から指を守ろう』


それ以外にも
皮膚が出ている顔の一部が痛かったり
充電したばかりのデジカメのバッテリーが切れたりして
ちょっと準備不足の感があるので
万全を期して
今回の川渡りは『断念』



むむう。



いつか、リベンジ!



・・・するかなぁ(苦笑)?

ロシアに再びやってきて最初の休日。

ホテルの周りを散策してみました。


今日は青空がとてもキレイな
よく晴れた日です♪


前回の出張ではほとんどドン曇り
晴れた日なんて数日しかありませんでしたが、
冬のトリアッティは
大抵このように晴れているんだそうです。



雪は溶けることなく残っていますが
思った以上に積もっていませんねぇ
(これが一番想像と違っていたところカモ)

最近は雪が降っていないそうです。


なので
道路は所々アスファルトが見えている状態


でも、ほとんどは
こんな感じで凍結した路面です。

こりゃ
スパイクタイヤが無いと完全アウトですねぇ。

もう、飴のようにテカテカしている凍結路を見ると
やっぱり極寒なんだなぁ・・・としみじみ。



そんな冬のトリアッティ散策ですが、
寒さついでに「ある挑戦」を行いました。

詳細は・・・次回☆

前回のロシア出張の終わりに
現地のロシア人からこう言われてました。

『今度来る時は「パネェ」からね』

寒さが半端なく厳しい、とのこと。

・・・というワケで
再びやってきたのですが、
ロシアに降り立った瞬間は
意外と寒すぎる感覚は無く
ちょっと拍子抜けだったんです。

でも。

やっぱりそんな事なくて(笑)。



外に出て数十秒は耐えられます。
しかしそこからは
急激に熱を奪われる感覚が。

あ、そうそう。
そういえばこんな事が。

外に出ると、むせます。

空気が冷えすぎて
なかなか肺の奥にまで行かないのです


こりゃあ
「寒い」というより
『死ねる』という表現がふさわしいような(凍)。



これ、送迎バスの車内から。

窓ガラスが曇った瞬間に凍ってますねん。

外の風景を伝えたくて撮ったんですが
なかなかキレイに撮れません。
でも
これはこれで寒さが伝わるかもしれませんね(苦笑)。

初日は-20℃
そして
今日の最低気温は-27℃だとか。

-30~40℃という日もあると聞きます。



よく、人、住んでますよね(爆)。

ロシアって意外と
住むにはいいトコロ♪

なんですけど。

「ロシア入国」が『鬼門』です。

毎回毎回ロシアの入国では手間取ります
(とはいっても2回しか来てませんケドね(笑))

以前ブログにも書きましたが
前回の入国の際には
我々の前の人が入国審査官からなにやらいろいろ言われて
自分の時にはどうなっちゃうんだろう・・・とビクビクしていました。


そして、今回。

前回は飛行機内で配られた
「イミグレーションカード(出入国カード)」が貰えない。


え~。

嫌な予感がしながらも仕方がないので
到着したサマラ空港で
イミグレーションカードを貰えるよう試みます。

・・・が、


窓口が結構『修羅場』で(爆)。



カード用紙がなかなか出てこない上に
数枚出てくると
それを手に入れたい人達が群がり
そりゃあもう、危険(汗)

まさに、カオス

無謀にも物好きな私SGI、
一度その群衆の中に飛び込んでみましたが
「なんだよ、お前」みたいな雰囲気に
あえなく退散(泣)

結局しばらく待って
事態を察してくれたロシアの職員さんが
我々のために用紙を持ってきてくれたんですけど。
(それでもクレクレって手が伸びてきてましたが(苦笑))

イミグレーションカードを手に入れてからは
何事もなくすんなりと入国できましたが、
結局前回と同じくらい時間がかかってしまいました・・・。



いやぁ、
入国の際はやっぱり

『おそロシア』。

・・・というワケ
私SGI、再びココに居ります。


ロシアのトリアッティ。



また来てしまいました。



再びやってきた、というより
帰ってきた、という感覚もあり、
なんだか不思議な気分です。

ま、少なくとも

玄関のチャイムが鳴り
ドアを開けると
そこには
遠距離恋愛中のカノジョが
微笑みながら立っていて、
『来ちゃった(はぁと)』


・・・みたいな感覚では



絶対ないです。



一ヵ月半のインターバルを経て
ロシアのトリアッティ出張「第二弾」が始まりました。

予想に反して
トリアッティの風景は大して変わっていないですね。

出張先のロシア人も変わりなく
我々を温かく迎えてくれました。

ま、敢えて言うなら
いきなりマイナス20℃の寒さが
身にしみるってところでしょうか(凍)☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。