クロネコと空を見上げて・・・。

私SGIとスマートロードスター「クロネコ」とのオープンエアな日々を綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
さて、いよいよHIDをクロネコに組み付けてもらいます。

・・・・・「もらいます」?

そうなんです(汗)。

今回の主役は
黒のスマロークーペにお乗りのえぁさんなんです☆

実は今回のHID導入にあたっては
えぁさんからいろいろアドバイスを頂きながら進めていました。
なんせ、何にもわかってませんでしたから、私(苦笑)。
そしたらえぁさん、「組み付けもしますよ」って。

いやいやいや。それは申し訳ないですっ!

・・・って思いながらも
ヘッドランプは安全上重要な部分ですし、
自分では不安が大きかったので「お願いします」・・・と(汗)。

ささやかながら湘南土産を持参して
今回作業する神奈川県内の某所へ。

さて。今回の配線図はこんな感じ(↓)です。


この配線の意図は
「既存のヘッドランプ回路を使わずに
  直接バッテリーから電源を取る」
ということ。

ご存知のように
クロネコはとても「球切れ」を起こします。
私SGIは「ヘッドランプの回路が不安定なのでは?」と思いました。
それにクロネコは「いろんなところが電子制御」なので
電気系統が壊れるのをとても恐れています。
えぁさんはそれを配慮して
既存の回路に負荷のかからない配線を考えてくれたのです。


前回の導入編で書きましたように
HIDキットの他に市販のリレーも用意しました。
そのリレーは今回の配線の為に必要なのです。
・・・っていうか、リレーもえぁさんが用意してくれた(爆)。
ホント、何もしなくってスミマセン(汗)!


夜の作業となりましたので、
十分な明かりを確保した上で作業開始!


まずヘッドランプからバルブを外し、
代わってHIDのバルブを慎重にセットします。

写真を見てお分かりのように
車両右側のライト周辺にはウォッシャータンクがあって、
とっても作業しづらいです(汗)。



実はバルブの「台座」の厚みが違っており
鉄板プレスのバルブ(厚さ0.5mmくらい)に対して、
HIDの方は樹脂成型(厚さ1.5mmくらい)なのです。
厚い分、セットする時にクリップを留めるのが・・・大変(汗)。

なんとかバルブをセットできると、
次にやっかいなのが・・・、


バルブの後ろから被せる「ゴムのカバー」

これは密閉して防水するためのものですが、
ここを貫通しているコードを代えないといけない。


結局既存のコードが貫通している部分に
カッターで小さく穴を開けて
そこから新しいコードを通すことにしました。


ここからは前述した配線図のように
配線作業を進めます。


ちなみに「バラスト(安定器)」
写真の矢印の場所に設置しました。
(正確にはこの後トランクと干渉しないように若干車体外側に移動させました。)
この場所だと風通しも良いので冷却の点でも問題なし!


リレーを中央のスペースにレイアウトして、
バルブからのコードもバッテリーに直結!


リレーのスイッチを作動させるために
既存のヘッドランプ回路(+)の片方からリレーに繋げます。

コードを丁寧に束ねて、
使わなくなった既存の回路の絶縁もしっかりと施し・・・、


よっしゃ!作業完了っ☆

そして、いよいよ・・・点灯っ!


うぉ~っ!光ったっ!
眩しいっ!!


ついにクロネコが
強力な光を手に入れた瞬間です☆


私SGI、感激です!

・・・・・再度申し上げますが、
この一連の作業は全てえぁさんによるものです。


私SGIは周りでウロウロオロオロ、
時々デジカメでフラッシュを焚いたりして
とにかくうっとおしい存在に終始しました(滝汗)。

えぁさん、
ホントに本当に
ありがとうございましたっ!!!


さて次回、
HID化クロネコの違いを
存分に堪能したいと思います♪













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://smartroadster.blog10.fc2.com/tb.php/1710-503ee487

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。