クロネコと空を見上げて・・・。

私SGIとスマートロードスター「クロネコ」とのオープンエアな日々を綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
北海道、5日目。
いよいよ札幌を離れて北へと向かいます。

・・・が、その前に


小樽方向、西へ向かい
石狩湾を絡めて・・・、


ちょいと撮り鉄☆

石狩湾、想像よりもずっと穏やかで
とても気持ちのいい風景でした♪


その後、石狩平野を北上します。

この日からお盆3連休でしたので、
今までと違い、渋滞になる箇所が幾つかありました。
でも、ちょっと脇道に出るとスイスイ進むので
ほぼ予定通り行動することができました♪



お~。
北海道らしいっすなぁ~


ま~っすぐな鉄路
こういう光景、本州とかではあんまり見ないでしょ?

そして、今日のメイン会場はコチラ!


三笠鉄道村』!

北海道で最初の鉄道として1882年に開業した幌内(ほろない)線
JR化後、最初に廃線になってしまった路線ですが、
その路線の終着駅「幌内駅」の跡地を
三笠市が活用して開設したものです。


ここには
日本で最も遅くまで現役で活用したSL「S-304」が保存されています。


「幌内駅」の駅標と共に。


しかも、このSLは
今でもちゃんと走っているのです~♪

30分に1往復、
鉄道村内の線路、数百メートル程度ですが
トロッコ貨車にお客さんを乗せて楽しませてくれます。


その迫力たるや、
現役時代を彷彿させるものなり。



この三笠鉄道村
かな~り内容の濃い展示車両群でして、
さらにミニトレインも走っていて
お子様連れにも大変喜ばれる施設になっています。


北海道ならではの
いろんな種類の除雪車(!)


こんなカワイイ
電気機関車まで☆


その中に
お洒落なデザインの機関庫があり、


SLやEL(電気機関車)が
静態保存されています。

しかも車内に自由に入れる♪
なんという太っ腹!


電気機関車「ED76」の運転席に座ってみました。
とっても狭くって
まさに「コックピット」という感じ。

素敵ですっ☆


三笠鉄道村に展示してある車両は
他にも「食堂車」があって
そこは実際にレストランになっています


車内は多少手が加えられていますが
当時の面影を感じることは十分に可能♪


そこで「カツ丼」を頼んだら
サービスで「おそば」まで付いてきたっ(笑)☆


先ほど紹介しましたSL「S-304」が
食堂車の横を駆け抜けていきました。
当時もこのような光景があったのでしょうか・・・。


三笠鉄道村の中にある『三笠鉄道記念館』
公式HPの中に「割引クーポン」があって、
入館料100円割引♪


外の展示車両に劣らず、
館内もかな~り濃い展示内容です☆


とっても大きな
鉄道模型のジオラマも有り。
300円で実際に運転できますよ~。


DMV(デュアル・モード・ビークル)」の説明パネルや
お子様向けに「プラレール」のジオラマもあります。


駐車してあるクロネコの所に行くと
これまたタイムリーに
先程のSL「S-304」が駆け抜けていきました~☆

いやぁ、今日もお腹いっぱい♪

でも、まだあるのです~。

この「鉄分超濃い目」の施設、
実はここ「三笠鉄道村」だけではないんですね。

ここから少し三笠市中心部へ戻ったところに
「クロフォード公園」という場所があります。


ここは
同じ幌内線の「三笠駅」があった場所。


三笠駅は
昔は「幌内太(ほろないぶと)駅」と呼ばれていたそうです。
駅舎の中は
これまた「鉄分濃い目」の売店になっていました。


ここにあるディーゼル特急「キハ82」の編成は
鉄道好きの方なら一度は写真を見たことがあるハズッ!


他にも
ディーゼル機関車ホッパ車も保存展示されていました。

そういえば、
このクロフォード公園から幌内線の廃線跡を整備して
軌道自転車などのトロッコ鉄道がオープンしたそうです。

う~ん。
時間があったら乗って見たかった。

SL「S-304」以外は動いていない鉄道博物館めぐりでしたが、
たまには「撮り鉄」ではなく「見る鉄」というのも
なかなか良いもんだなぁ~と感じる一日でした。

うん。
今日も鉄分MAX(SGI_t)☆

この後、クロネコは一気に北上、


旭川健康ランドにて
本日の疲れを癒しました♪


今日は
ついに北海道の中心「旭川」に到達しました~。

明日は、一気に行きますよん♪












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://smartroadster.blog10.fc2.com/tb.php/2067-e048bdd6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。