クロネコと空を見上げて・・・。

私SGIとスマートロードスター「クロネコ」とのオープンエアな日々を綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

「CTON(シトン)」?

いえいえ。
ロシア語で『STOP』と書いてありますねん。

ここロシアには
広大な土地があるからでしょうか、
道路の幅は十二分にあります


狭いところでも片側2車線の対面通行
主要道路になると片側3車線で、
大型バスでもUターンできるように
中央には幅のある分離帯が備わっています

ロシアは右側通行
主要道路では左折する際には一旦右に曲がってからUターンするんですね~。


信号は古くて暗いものがほとんどですが
中にはLED式の薄型のものもあったり。

赤信号だけでなく
青信号でも残り時間がカウントされるんですね~。

これはわかりやすい♪


しかし、
道路状況は最悪

表面は凸凹
大型バスに乗っていてもかな~り揺れます。
普通の乗用車になっていると飛び跳ねるかのような(汗)。


そして夜は暗い

以前記事にしましたように
ロシア入りしての第一印象が「暗い」でした
が、
ちょっと慣れてきた今でも、夜は暗いですね・・・。

そして、運転が荒い

超、とばします
ピョンピョン飛び跳ねるし、速いし、怖い。

なので、交通事故も結構見ます。

更に
クルマが故障して
ボンネットを開けている光景
もザラに見ます。

バンパーが無いまま走ってるクルマもあり、
この辺はまさに『おそロシア』

そして
それだけじゃあ、ありません。


クルマが汚い。

超、汚い。

なんでこんなに汚いんだろ?と疑問に思っていましたが、
クルマが通り過ぎる時の音を聞いて、謎が解けました。

『ジャリジャリジャリ』という走行音。

これ、
雪国に住んでいた方なら
昔聞いた事があると思います。


『スパイクタイヤ』。

こちらロシアはとても寒いです。
(ちなみに本日はマイナス5度(!))

路面はもちろん凍結するので
スタッドレスタイヤみたいなものに
滑り止めとしてタイヤに「金属のピン」を埋め込んでいるんですね。


日本でも昔はスパイクタイヤが主流でした。
しかし、スパイクが道路の表面を削って
その粉塵環境&健康問題になり、
禁止となってスタッドレスタイヤに置き換わりました。


多分、ロシアでは
スタッドレスタイヤでは
滑り止めの効果が不十分なのかもしれませんね。

・・・というワケで
ロシアのクルマは汚れているんです~。

せっかくのカッコイイクルマも、台無し☆

う~ん、残念ロシア

タイヤチェーン装着してる車は無いの?

しかし,スパイクで走られてるなら,
道路状況が最悪なのも頷けるね...

あと,そこまで汚れがきつくて車自体は大丈夫なのだろうかと心配になるわ(^_^;

2011.11.06 21:19 URL | MAK #PWkK5dvM [ 編集 ]

タイヤチェーンは見たこと無いです。
中にはノーマルタイヤの猛者もいまっせ(汗)

コチラのクルマはボロボロですよ。
汚いし道路の凸凹のせいで
クルマからはギシギシ軋み音がでるし(苦笑)

なかなか過酷な環境です。

2011.11.07 00:35 URL | SGI #5Hmt.Ypc [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://smartroadster.blog10.fc2.com/tb.php/2161-b29b20ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。