クロネコと空を見上げて・・・。

私SGIとスマートロードスター「クロネコ」とのオープンエアな日々を綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
・・・というワケで、
行って参りました!

ロシア、夜行列車の旅☆

しかし、
旅のしょっぱなから、ヤバかった(汗)。

タクシーが遅れに遅れて、


発車5分前に駅に到着(!)

ギリギリセーフッ(汗)!

ドアの前で乗務員さんにチケットを見せて
いよいよ乗車です!


車内はこんな感じ。

まぁ、日本のブルートレイン
そんなに変わらないです。


2段式の寝台。
上段の寝台はちょっと高めに備え付けられていますね

下段の椅子の座面を開けると荷物入れになっています。
これは防犯上、便利。


日本のブルトレと違って、
通路側の方にも2段の寝台が設けられています。


各車両にボイラーが付いているのでしょうか、
車内は思いのほか、暖かく、
車両には給湯設備があり
皆さん、ロシアンティーを嗜(たしな)んでおりました。

そして
いよいよ出発っ☆


トリアッティ市内には
結構工業地帯があるようで、
工場の引込み線がたくさんありました。


駅に停車すると
たくさんの人が乗ってきて、
車内はほぼ満員状態に。

ここが日本と違うところだなぁ、と。

絶滅危惧種の「ブルトレ」と違い、
ここロシアでは
まだ夜行列車が長距離移動の主役になっているのですね。

古きよき「往年のブルトレ」の雰囲気に近い気がします。


途中、機関車を交換するため
長時間の停車。

みんな外に出て
ビールを飲んだり、煙草を吸ったりしています。

この時、私SGI_t
ウズベキスタンの2人組に声を掛けられ、談笑してました♪

列車は再び出発。

では
そろそろ横になるとしましょう。

ちなみに私SGI_tの席は、上段

前述しましたように、
上段のベッドは、やや上に備え付けられています。

登るのが、大変(汗)。


まず、
①:手すりに足を乗せる部分があるので、
  そこに足を乗せます。

②:一番上の荷物棚の棒に手をかけます。

・・・で、
一気に潜り込む、と。

かなりの確立で
頭がガンッってなります(苦笑)。



狭っ!

膝を立てるとすぐに荷物棚の板に当たってしまいます・・・。

まぁ、それでも横になって眠れるのは、とても快適っ☆

あっという間に夢の世界へと~♪



で、翌朝


雪原ばかり走っていた風景とは違って、
モスクワに近づくにつれて
近代的な都市へと風景を変えていきました。


そして
モスクワ駅に到着っ!

19時間の長旅ですが、
あっという間でした♪



このモスクワの「カザンスキー駅」では
いろんな街からモスクワ目指して
たくさんの夜行列車がやってきます。

これも
往年の「上野駅」みたいだ・・・。
(って見たことありませんが(汗))


これが
「カザンスキー駅」です。

立派ですねぇ~。

そしてたった5時間(笑)のモスクワ滞在の後、
再びこの駅からトリアッティへと戻ってまいりました。

帰りもあっという間☆

ロシアの夜行列車は
ゆりかごのように優しい感じがしました♪

そして、印象的なのは・・・


延々と走り続ける、雪原の風景と、
その合間に所々現れる集落

なんとも壮大で、
なんとも長閑(のどか)。


ロシアのスケールの大きさを
存分に感じる事ができました♪













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://smartroadster.blog10.fc2.com/tb.php/2418-06d223d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。